ISHIBE 町勢要覧 
出展=石部町発行「1998町勢要覧より転記   改訂日=          初版=2000.6.10
メニュー
   
(クリックしてネ)
プロポーション石部
1.プロポーション石部 
 @歴史の轟
石部の「らしさ」
 A文化の薫り
石部の「かたぎ」
 B伝統の表情
石部の「こだわり」
2.ルックインサイド石部
 @理想郷「じゅらくの里」
 A
3.ノスタルジック
    石部の旅
 @宿場町のなごり
 A石部を歩く(地図含む)
石部町

すがた
 明治22年、
石部村・東寺村・西寺村の3村が
合併して石部村が発足。
明治36年には
町制施行によって石部町が誕生しました。
滋賀県では
12番目、甲賀郡では2番目に
生まれた町です。
その後も
他の地域と合併することなく、
明治の行政村の姿を保つ全国でも
珍しい町となっています。
平成10年には
町制施行95周年を迎え、
ますます元気な姿を見せています。
自然  聞き慣れた言葉だけれど、
ふと「ふるさと」というささやきを耳にすると、
重い描かれるのは
清流をたたえる川があって、
動植物が喜んで生きる緑の山があって・・・。
そんな理想のまちに
生まれた人は故郷をいつまでも愛し、
そんなステキなまちに住みたいと願う人は
第ニの故郷を求めてやって来るでしょう。
そう、それが石部。
自然のやさしさに包まれて、
誰もがいたわり合いながら
健やかに暮らしています。
季節  大地が温められると、
野洲川の水もぬるみ、
やがてツクシが顔を出す。
太陽のまぶしさに気を取られているうちに、
おたまじゃくしもすくすく育ち、
梅雨時にはカエルの大合唱。
そのうち川辺には
子どもたちが集り、
遊び疲れた頃には涼風が吹き、
自然の恵みに深く感謝する季節。
ほどなく木枯らしも吹き出し・・・と、
時には終りのない物語を綴り続けます。
 滋賀県甲賀郡石部町