淡海生涯カレッジ 湖南校
修学奮戦記
A平成20年度 (2008年度)
@平成19年度 (2007年度)
“学ぶことはよきことだ”の信念のもとで2年連続で受講することにしました!!
お  う  み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                              
淡 海 生 涯 カ レ ッ ジ と は

淡海生涯カレッジは、平成7年に滋賀県が、文部省(当時)より委嘱を受け、
滋賀
大学生涯学習教育研究センターと共同で進めた
「地域における生涯大学システムの研究開発」の一環として
開発されたカレッジです。

滋賀県内では、平成8年度に大津市をモデル地域として
「琵琶湖学習コース」が開設、平成9年度には彦根校・長浜校、平成12年度に草津校で、
平成18年度に開校しました湖南校を含めて、5地域のカレッジが開校されています。
カレッジは地域の中にある公民館や公共施設等での日常的な学習から
高度な学習機会までを組み合わせてつくられました。
この意味で、淡海生涯カレッジは、地域を一つのキャンパスとした
「地域の大学」であると言えます。
湖南校の本事業におきましても、一つの機関ですべて提供することは非常に困難です。

立命館大学、県立石部高等学校、県立甲西高等学校、県立国際情報高等学校等の
関係機関の協力を得ながら実施を進め、「住みよい暮らしと地域社会をめざして」を
テーマに学習をしていただくことになります。
(受講の手引きより抜粋)