ルックインサイド石部 じゅらくの里 
住民の活動拠点がもう一つ誕生しました
 1998年春。長寿・常楽の理想郷「じゅらくの里」がオープン。住民の憩いとやすらぎの場として、また交流の場、健康・福祉の情報発信の拠点として注目を浴びています。

 同公園は長寿寺と常楽寺近くの風光明媚な丘陵地帯に広がり、南に阿星山、北に三上山などの山嶺を望む最高のロケーション。

 園内には四季の花々が香るふれあい広場、健康増進広場、芝生広場をはじめ、土の館や木工の館、せせらぎ水路、福祉パーク館などが完備されています。余暇を過ごすにはぴったりの環境で、しかも福祉や看護に役立つ情報もキャッチできるとなれば、まちの暮らしがより豊かになることは間違いありません。

 誰もが心の底からリフレッシュできるステキなオアシス。石部町に加わった新しい顔が、住民の笑顔の花を2倍にも3倍にも膨らませてくれそうです。
        初版=2000.6.10